3才までのベビー英語教室

ベビー英語講師が研究し我が子にも実践してきた英語習得についてお伝えします。

ベビー英語

英語の「反復」は自然に!

更新日:

語学には他の教科に増して

「反復」が重要であることは・・・

いうまでもありません^^

でも「反復」っていうとなんだか退屈なイメージじゃないですか?

(少なくとも私には^^;)

でも子供にはそんな心配ご無用!

幼い子供の特徴として

 ・同じ番組を何度も見たがったり 

 ・同じ絵本ばかり読んでほしがったり 

 ・同じオモチャでばかり遊んだり・・・ 

そういう時期ってありますよね?

大人から見ると「またそれ!?」みたいな(笑)

(ちょうど今「美女と野獣」の同じ場面ばかり見させられているわ〜(^^ゞ)

でもそれって、英語習得にはありがたい!



DVDを見ながら聴いたフレーズが

別の日に読んだ絵本でも出てきて

聞き流していたCDの歌の中にも出てきて・・・


となると

目で見て、耳で聞いてた言葉が段々1つのものであることを認識していきます。

こうなったら後は自分で使えるように蓄えて(in puto!)

時期が来れば自分で使ってみて(out put!)。。。

これが一番自然でストレスのない「反復」です。

受験勉強などで1冊の単語帳を

反復、反復、反復〜〜〜練習するのもいいですが

色んな場面から最終的に1つのものであることを類推して

自分のものにしていくという流れのほうが

忘れない!

そして何より自然であり使えるモノになる。

一番いいのはストレスがない。

結局、そういうことです。

ただ、いくら繰り返しの好きな子供たちでも

本人にとって必要もない単語の機械的な反復は

「つまらな〜い」!

やっぱり年齢や性格に合わせて

興味がある質の高いものを見せたり聴かせてあげるのが理想的。

逆に「子供だから」と言って簡単なものをだけ選んで与える必要もなく

興味を示すものを「英語レベル」に関係なく選べばOKです。

なんだか難しそう?

いえいえ

子供を見ていると意外と簡単ですよ^^

英語の幼児クラスのプログラムを作る際もその特性を考慮します。

ママたちから見ると「また?」と思われそうな繰り返しも

ある程度同じものを続けないと

蓄積されないままただ「やっただけ〜」になって一番勿体ないです。

1つ出来るようになった頃に

ちょっと難しくて新しい物をさり気なく被せていく・・・


この「良い加減」がポイントです(^_-)

なんてったって、繰り返しやることで

「私、できる!」

という自信に繋がりますから\(^o^)/

これは子供の時期、何にも代えがたい宝物です。

スポンサーリンク


-ベビー英語

Copyright© 3才までのベビー英語教室 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.