3才までのベビー英語教室

ベビー英語講師が研究し我が子にも実践してきた英語習得についてお伝えします。

管理人の私

はじめまして、ジュリです。

自称「外国語オタク」。
2000年に上智大学で「言語習得学」に出会い
2011年の出産を機に「幼児」の英語習得学に特化して研究を開始。
2012年からベビー英語や英語リトミックの講師として活動。

これまでに約600名以上のベビーちゃん〜4歳まで生徒さんと
英語を通じて関わらせていただいています。
娘は3歳です^^

face

日本にいながら
英語が苦手な日本人のパパとママとの家庭でも
誰でも楽しく英語を身につけられる方法を研究したい!

こう思うに至った経緯は・・・

<田舎育ちの外国語オタク>
何を隠そう、私は生まれた時から高校卒業まで
岡山の田んぼに囲まれた「ド」が付く田舎で育ち
外国人に会ったこともない生活をしていました。

そんな環境にも関わらず(いやその反動で?)
中学生の頃から猛烈に外国語に興味を持ち始め
大学受験の際は迷わず「外国語学部」一本で望みました。
(決して自信があったわけではなく他の学部が考えられなかったのデス)

そんな私は大学卒業後も含めて今まで
英語、スペイン語、フランス語、(ちょっとイタリア語)
それぞれの言語を色々な方法で学んできました。
学校の授業、外部スクール、通信講座、
eラーニング(パソコンやインターネットを使った教育システム)、
衛星放送、DVD、CD(スピードラーニング)、
アルバイト(スペイン人が働いているレストラン)、通訳ボランティア・・・

自ら試行錯誤したこれらの独学体験と
大学で出会った「子供の言語習得学」から
最終的に私が行き着いたのは
「母国語方式」と「環境」でした。

思い返してみれば
中学・高校で6年間も英語を勉強してきたのに
「使える英語」が身についていない・・・
当時の「読み・書き・暗記」の英語教育を思えば無理もなく
「母国語方式」「環境」と逆行した勉強方法でした。
あぁ、時間よ戻れ・・・

現在「英語講師」という立場で言い辛いですが
実は私、英語については「コンプレックスの塊」です。
「好き」なのに「コンプレックスの塊」、悲しい胸の内です。

だからこそ
日本にいながら
英語が苦手な日本人のパパとママとの家庭でも
誰でも楽しく英語を身につけられる方法を研究したい!

そう思ったのです。
なにせ、外国語オタクですから(笑)

自分が大好きなこと、だけど達成できなかったこと・・・
自分の子供には英語を「苦」なく身につけさせてあげたい。
そして英語の「楽しさ」も知ってほしい。
そんな想いで「ママとして」「英語講師として」過ごす日々を
皆さんとも共有できれば嬉しいです^^

スポンサーリンク

更新日:

Copyright© 3才までのベビー英語教室 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.