3才までのベビー英語教室

ベビー英語講師が研究し我が子にも実践してきた英語習得についてお伝えします。

ベビー英語

耳の黄金期

更新日:

「英語耳」については時々質問されますが

「耳の黄金期」については意外と知られていないようです。

☆耳の黄金期とは?

日本語、英語、フランス語、ドイツ語・・・

言語にはそれぞれ異なる周波数があることをご存知ですか?

日本語と英語で比較してみると



   日本語 150〜2000ヘルツ

   英語 2000〜12000ヘルツ

こんな感じです。

「ヘルツ?何のこと??」

チンプンカンプンでいいのですが

この数字を見て「どうやらかなり違うらしい」

ということは分かっていただければ^^

日本語の場合は150〜1500ヘルツで発声されています。

この周波数帯を正確に聞き取るには「日本語耳」を育てなければいけません。

同様に英語を聞き取るには「英語の耳」を、

フランス語には「フランス語の耳」を・・・

というわけです。

ここでいう「◯◯耳」というのは

子供が生活する環境にある言語によって育てられ

おおよそ3歳頃までにほぼ完成されてしまうと言われています。

これが

  「0〜3才までが “耳の黄金期”」

と言われるゆえんです。

日本でフツーに生活していれば

日本語の周波数に適した耳を獲得できますね。

それに加えて英語の高い周波数まで聞き取れる耳を育ててあげれば

その後の聞き取りや発音に有利になる、ということです。

さらに厄介なことは

「人は聞くことのできる音しか発音できない」

ということ。

正しく聞き取ることが出来なければ

正しく発音ができないというわけです。

ただ・・・

「正しい発音で聞き取れない」「正しく発音できない」としても

コミュニケーションが取れれば充分!

という考え方もありますから^^

「言語」は「コミュニケーションツール」と割り切って、ね。

(ここでそれを言っちゃーお仕舞だ!笑)

話を戻して・・・

小学校・中学校に入ってから英単語を覚えることはいくらでも出来ます。

でも、始める時期や量によって発音が圧倒的に違ってくることだけは

知っておいて損はなさそうですね。

時間は戻せませんから。

すべてが生まれたときから始まっている・・・

自分は手遅れでも自分の子供には・・・

「耳の黄金期」に楽しい英語環境を与えてあげるのも悪くないかも???

   つづく→→→【「耳の黄金期」は3歳まで!?

スポンサーリンク


-ベビー英語

Copyright© 3才までのベビー英語教室 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.