3才までのベビー英語教室

ベビー英語講師が研究し我が子にも実践してきた英語習得についてお伝えします。

ベビー英語

「英語」は勉強すればするほど話せなくなる?

更新日:

私たち、昭和時代の英語学習といえば・・・

正確な発音が分かりもしない英文を

辞書片手に日本語訳し、

試験前になると

語呂合わせなんかで単語を頭に詰め込み、

「英文の構造は「S V O」(主語・動詞・目的語)で

     三人称単数の場合は動詞に「s」を付けて・・・」

と一生懸命理屈をこね回して・・・

そんな勉強をしてきてしまったのは私だけでしょうか?

そこには語学を「使おう」という発想はなく

難解な問題・キーワードを読み解く

という気持ちだった様な気がします。(反省。。。)

中学・高校でかれこれ6年間以上学校で学んだはずの英語は

結局話すことも聞き取ることもできない・・・

そんな人は少なく無いと思います。

「点取り英語」は古い

中学生になってから初めて英語を勉強しようとすると

どうしても目の前の試験などが目標となってしまい

「使える英語」よりも

「良い点を取るための英語“教科”」という目線でしか

勉強できなくなってしまいがちです。

さらに

「現在完了」「三人称単数」「仮定法」など

一生懸命勉強すればするほど

あたかも数学のように「考える英語」になってしまい、

自分が少しでも間違った英語を話してしまうのが

恥ずかしくて怖くなってしまう。

だから話さない。

真面目でシャイな日本人に多いパターンですね。

これでは本末転倒です。

その点、幼い頃から文法も発音記号も知らない状態で

ただひたすら英語を楽しんでいれば・・・♪

6年以上勉強してきたはずのパパやママをあっという間に追い越し

ネイティブのような発音で歌を歌ったり

英語を話して見せてくれたるするはずです。

「コトバ」は数式ではない

「コトバ」は数学や科学ではなく

コミュニケーションのツールです。

私たち日本人がほぼ完璧に日本語を話せるようになってから

小学校の国語の授業で「ラ行変格活用」などという

文法用語を初めて耳にした様に

理屈(文法)はコトバが話せるようになってから

頭を整理する為に知るというのが理想的です。

そうは言っても日本に住んでいると

なかなか「英語」を「日常」にすることは難しいものです。

まずは

「1語でも多く暗記させたい」「テストだけは良い点を!」という考え方は捨てて

幼いうちはとにかく

「英語って楽しい♪」

という体験を1つでも多くさせてあげることが

将来「使える英語」を習得するための

一番の近道ではないかなと思います。

check関連記事:『外国語を身につけるられる人』

スポンサーリンク


-ベビー英語

Copyright© 3才までのベビー英語教室 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.