3才までのベビー英語教室

ベビー英語講師が研究し我が子にも実践してきた英語習得についてお伝えします。

break!

ヘビーなカルチャーショック

更新日:

思い出話を。

高校生の時、

岡山の「ド」がつく田舎に住んでいた私は

未だ見ぬ「外国人」に大きな興味を抱いていました。

ある朝、新聞の下部にある広告欄に

「オーストラリア親善大使募集!」

という記事を発見!

これならタダで外国に行けるかも!!

と思い、すぐに母親に相談。

めでたく新聞社から派遣される「親善大使」として

オーストラリアに短期留学に行くことになりました。

ホストファミリーは

パパ、ママ、同年代(高校生)の女の子(アミティ)がいる

ちょっと裕福な家庭。

平日はホストシスターのアミティと地元の高校へ通うのですが

このアミティがなかなかのやんちゃ者で。

時効だと思い暴露すると・・・

その時私は「マリ◯ァナ」とういう存在を初めて知りました。

というか、何かはよく分からないまま、初めて見ました。

「マリ◯ァナ」という言葉は耳に入ってきました。

もちろん吸っていないですよ^^;

当時は全く無知だった為に

その名前を聞いてもピンとこず

(どんなものかは後々知ることになるのですが)

その見た目方とにかく「タバコの1種」だと思い

「Bad medicine for japanese」

と言って断った記憶があります。

強要されることは全くありませんでしたが

田舎のピュアな(!?)高校生には

それはそれはヘビーなカルチャーショックでした(*_*;

ちなみにオーストラリアでは州によって「合法」らしいのですが

ステイ先の州は・・・

ホストママが頭を悩ませていたのを

高校生ながら覚えています。

「親善大使」とはなんとも仰々しい肩書ですが・・・

実はこんな経験もさせて頂いたのでした^^;

⇛⇛⇛【カルチャーショック「Yes or No!」】(coming soon)

スポンサーリンク


-break!

Copyright© 3才までのベビー英語教室 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.