3才までのベビー英語教室

ベビー英語講師が研究し我が子にも実践してきた英語習得についてお伝えします。

オススメの幼児英語教材

CD『ヘンリーおじさんのやさしい英語のうた#1』

更新日:

フォニックスについては以前書きましたが・・・

  ⇛⇛⇛【「フォニックス」とは?】

意外にもたくさんのご質問を頂き

興味を持たれているママが多いんだな〜とビックリ!

【「フォニックス」とは?】の記事中に



 >このサイトでは「英語が苦手なママでも出来る!」

 >という点にこだわりたいので・・・・

 >「フォニックス」は無理にしなくていいです^^

って書いたのに、おかしいなぁ(笑)

英語が得意なママが読んでくれているのかな?

それとも英語に興味が湧いてきてくれたかな?^^

さてさて、

フォニックスについてちょっと興味が出てき(てしまっ)たところで

例えば・・・

我家の場合をご紹介しますね。

フォニックスとの出会いは「ヘンリーおじさん」

最初のきっかけはコレでした↓

このCD

何を隠そう、Nanaよりも私のお気に入りなのですが^^

計算し尽くされたリズムと歌詞が・・・・・・・

話すと長くなりそうなので

このCDの魅力については別の機会に^^

で、Nanaが2歳の頃、このCDを時々車で掛け流していました。

このCDの曲全てをランダムに聴いていた中で

「Phonic ABC」

という歌が

Nanaと「フォニックス」との最初の接点だったと思います。

Nanaが特別好きかどうかは知らないけど

とにかく耳に残るので

すぐに歌詞を覚えて口ずさむようになりました。

英語ネイティブの子供達が歌っているので

子供を惹きつける感じはあるかもしれません。


私もこの子供の歌声が好きです^^

よく

 Nana:「これ(歌声)はboyかな?girlsかな?」

なんて質問されながら聴いていました^^

このヘンリーおじさんの「Phonic ABC」の歌は

本当に聞き流しただけ。

もちろん本人も「フォニックス」という言葉を知る由もなく

自然に



A is A for apple, apple A, A, A ♪

B is B for baby, baby, B, B, B ♪

C is・・・ ♪

というメロディー(歌詞)から

フォニックスの音を覚えていきました。

文字に興味を持ち始めてきたら読んでみる!

3歳になった最近では

文字にも少しずつ興味を持ち始めたので

例えば・・・

ゴリラの絵と「gorilla」と書かれた本などを見て

文字を指でたどりながら



「g, g, gorilla」(グッ、グッ、gorilla)



という様に

最初の文字をだけフォニックス読みして見せます。

リズムよく♪楽しく♪歌うように♪

これで何を伝えようとしているかというと

「gorilla」の最初の文字「g」は

あなたの知っている「g=グッ」で始まっているね、


ということ。

それだけ。

少し慣れてくると

また同じように「gorilla」の文字を指でたどりながら

今度は「ri」の部分にスポットを当てて



「go ri, ri, ri lla」(go、リッ、リッ、ri lla)



という風に

別の音に注目してみて

徐々に単語の頭の文字だけでなく

真ん中〜後ろの文字まで発音してみせます。

こんな風に遊びながら

さり気なくたくさんの単語と音を聞いて、見て、

ゆ〜っくり時間をかけて


徐々に自分の中でルールが見つけられたらベストだな〜☆

という気持ちでやっています。

フォニックスのルールを細かく教えていくなんて

大人も子供もきっと楽しくないし続かないと思うので(^_-)

ちなみに「ベビー英語」のクラスでは

絵とアルファベットを使った

「リズムフォニックス」というお勉強を取り入れています。

私もネイティブではないので完璧な英語発音はできませんが

フォニックスに親しむことを目的として

「児童英語勉強会」で先輩から伝授していただいた方法を

ベビーちゃんクラスでもママと一緒に出来るようアレンジしました。

実際クラスで何度かやっているうちに

子供たちも要領がわかってくるようで

リズムフォニックスの準備を私が静かに始めると



「いつものアレだ!」



と1才のベビちゃん達でも私の方に道具を取りに来て準備したりします(笑)

勉強させられてる感は・・・ナイです^^

(Nanaにデモをしてもらえたら後日動画UPします^^)

スポンサーリンク


-オススメの幼児英語教材

Copyright© 3才までのベビー英語教室 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.