3才までのベビー英語教室

ベビー英語講師が研究し我が子にも実践してきた英語習得についてお伝えします。

ベビー英語

デキる子、デキるクラス。

更新日:

クラス内に特別「デキる子」って、時々います。

フラッシュカードを見せれば瞬時に単語が出てくる子、

英語歌の歌詞を覚えていてフルコーラスで歌える子、

ダンスや手遊びがものすごく上手い子、

やたら発音が良い子^^

english girl

そんな子を見て

他のママから歓声が上がることもしばしば。

その「デキる子」はもちろんスゴイんだけど

それだけではなくて・・

実は同じクラスの仲間もラッキーなんですよね。

そして先生も^^

先生がどれだけ説明したりやってみせたりするより

隣の「お友達」がやっている姿を見る方が

子供にとってはずっと影響力が大きいですから☆

みんな揃ってレベルアップ↑

先日もある1〜2才クラスでフラッシュカードをやっていた時のこと。

結構なスピードでカードをめくるので

子供は基本的にはじっと見て聴いています。

でもフラッシュ大好きなAちゃんは・・・

 私:「apple」

 Aちゃん:「apple」

 私:「banana」

 Aちゃん:「banana」

 私:「orange」

 Aちゃん:「orange」

と私の後に復唱、復唱(笑)

するとその数週間後から・・・

 私:「apple」

 Aちゃん:「apple」


 Yちゃん:「apple」

 私:「banana」

 Aちゃん:「banana」


 Yちゃん:「banana」

 私:「orange」

 Aちゃん:「orange」


 Yちゃん:「orange」

復唱の列が段々増えていったのは言うまでもありません(笑)

声に出すと自然と記憶にも残るので

ボキャブラリーを覚えるのもクラス揃って早いです^^

「パパ、ウェイクァップ!」

他にも「Walking Walking」の歌で・・・

 ♪ Now let's sleep ×2

という歌詞で皆寝たフリをした後

私が「Wake up!」と言います。

すると1人の子が真似して

 「Wake up!」

すると2人、3人・・・と皆

 「Wake up!」

 「Wake up!」

 「Wake up!」

皆で連呼(笑)

各おうちでも

「Wake up!」と休日のパパを起こすのが流行ったとか^^

ダンスしながらなので「Wake up!」の意味もしっかり理解しています。

子供同士がイチバン!

お友達の真似っこでさらに良いのは

ストレスが無いこと。

ベビーちゃんから未就園児さんまで位の幼い子って

自分より「デキる」隣の子を見て

嫉妬したりプレッシャーに感じたりしません。

でもママや先生から言われると・・・

そうはいきません。

特に2〜3才さんは^^

単純に「お隣さん」を真似る。

デキる子が1人いると

クラス全体が「デキる雰囲気」になって

レベルはどんどん上がっていくんですね〜。

デキるって楽しい♪

楽しいがイチバンです^^

スポンサーリンク


-ベビー英語

Copyright© 3才までのベビー英語教室 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.