3才までのベビー英語教室

ベビー英語講師が研究し我が子にも実践してきた英語習得についてお伝えします。

親子留学

【セブ親子留学】食事事情

更新日:

<<5才の娘と2週間の親子留学@フィリピン セブ島>>

留学に限らず、海外滞在中の食事って「メンタルを支える」と言って良いほど重要です。

セブにある日本資本の学校では、みそ汁に焼き魚といった日本食が提供されるところもありますが、私たちが通ったスクールはアメリカ資本だったので、基本的にはフィリピン料理(??)でした。

  バイキング形式で好きなものを好きなだけ取るシステムで、セルフヌードルなんかもありまりたよ。それから天ぷらもどきとか(笑)

渡航前、私は「フィリピンに行くんだからフィリピン料理を食べるべき!」と思っていました。でも・・ドレッシング一つとっても日本とは全然違う現地の食事に、子供はサラダを食べるのさえ警戒していました。酷いときには白ご飯しかお皿にのせない時もあり・・・。これではいかん!と思い、校内のカフェや近くのコンビニで食事を補うことも多々ありました。子供には正直キツかったです(汗)

必需品だったのがコレ、マンゴー↑。スーパーや町角など、どこでも激安で買えるので部屋の冷蔵庫に常備していました。フィリピンのマンゴーはメチャクチャ甘い!授業の合間や食後におやつとしてよく食べていました。マンゴー様様。

日本食:居酒屋「呑ん気」

日本食が恋しくなるとセブ島内の日本人が足を運ぶのがココ!居酒屋「呑ん気」。

入り口には警備員さんも!

とりあえず典型的な日本食がなんでもある感じ(笑)
味も美味しかった!特に餃子!!

現地の先生から「絶対食べてみて!」と言われていたマンゴー手巻き。恐る恐る食べてみると・・・トロみたい(!?)で美味しかった☆

日本人シェフやスタッフの姿は見られませんでしたが、クオリティーの高さからしておそらく日本人経営だと思われます。現地の食事に比べるとかなりお高いですがオススメです!(現地物価から考えると高いけど、日本で食べるのと同じ位の料金感覚かな。)

フィリピンのファストフード:「Chowking」

↑ガイサノモール内にあった中華料理系のファストフード店

↑大行列の中、後ろからのプレッシャーを背中で感じながらよく分からないまま注文したら・・・チキンにもご飯がついてくるとは思っていなかった(汗)親子二人で麺、特大肉まん、チキンにご飯2皿分、さらに大きすぎるドリンクが3つ(笑)。多すぎました(汗)

現地の人にも人気のイタリアン「La Bella」

現地の先生に「オススメのレストランは?」って聞いて、口を揃えて教えてくれたのがココ↑「La Balla」。

ルッコラたっぷりのピザや〜

アルデンテの絶妙なパスタ。

久々にこんな美味しいもの食べた〜!!!!!って心から思ってしまった^^;(学食に失礼!)

【おまけ】機内食お子様メニュー

チョコケーキ、ポテチ、ゼリー、キットカット、チョコレートドリンク(衝撃!!!)・・・こんなに甘々な機内食、始めてでした(笑)

教訓!
子供連れの海外旅行(セブ留学)には食べ慣れた日本食をしっかり準備してくること!

インスタント味噌汁、ふりかけ、のり、お茶漬け・・・そんなものがあるとかなり気晴らしになると思います。



セブ留学

スポンサーリンク


-親子留学

Copyright© 3才までのベビー英語教室 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.